店頭でのサービス紹介

キクチミーナ

「kikuchi meena」ミーナで見つけるあなたのメガネ キクチ・ミーナ

コンピューターを使ったメガネフレーム選び

お店にいっぱい並んだメガネフレーム。鏡に映った顔はぼやけてよく見えないし、いろいろかけてみてもどれが一番似合っているのかよくわからない。そんな経験はありませんか?

キクチのフレームセレクター「ミーナ」ならモニターでメガネをかけたまま、自分の姿を同時に見比べることができます。

まずはスタッフと一緒にお気に入りのフレームを数本選んでいただき、ミーナのデジタルカメラで撮影。撮影された画像をミーナのモニター画面で比較しながら、一番お似合いのフレームをお選びいただくことができます。カラーレンズにした状態も、簡単にお試しになれますので、ミーナで確認した通りのメガネに仕上がります。

  • ご自分の目で一番似合うメガネをお選びいただけます。

  • イメージ通りのレンズカラー選びができます。

  • より多くのフレームをお試しいただけます。

深視力検査

大型自動車免許、二種免許取得・更新される方へ

大型自動車免許や二種免許取得・更新の際には、通常の視力検査(遠方視力)以外に深視力検査がおこなわれます。これは、「視力」と表現されていますが、一般的な視力とは違い、両眼視機能と言われる眼の能力のうち、もっとも高度な機能である立体視の検査のことです。

深視力検査とは

人間には眼が2つあります。2つの眼はあたかも1つの眼のように機能しています(同時視)。これは両眼でキャッチした感覚を脳で整理統合して1つの新しい感覚としているからで、この機能のことを「両眼視」といい、両眼視には融像と立体視があります。

融像とは右眼と左眼それぞれの網膜に映った像を1つにまとめて見る働きのことで、立体視とはものを立体に見る感覚で、これは右眼と左眼が離れていて、それぞれの眼の網膜に映った像の位置が異なるためにおこります。

深視力検査は、「三柱深径視検査」とも言われ、3本の棒のうち両端の2本が固定され、その間の1本が前後に移動し、3本が並んだと感じた時にスイッチを押すという検査法です。免許の取得更新においては、3回の試験のズレの合計が6センチ未満の場合に合格となります。

深視力検査の実体験および練習

キクチ本店では、「深視力の検査機器」を設置しています。
大型免許、二種免許の取得・更新予定の方で検査希望の方は、スタッフまでご相談ください。
また、この検査に興味のある方も、ぜひご来店ください。専門のスタッフが検査の上、ご説明いたします。

深視力検査は11:00~17:00となっております <完全予約制>。
お問い合わせ・ご予約はキクチ本店へご連絡ください。