100周年メッセージ

目が「悪い」なんて、
思ってほしくない。

視力表で測定された数値が低いとき、人は当たりまえのように目が「悪い」と表現します。けれどメガネやコンタクトレンズで補正できるのならば、本当は何も「悪い」ことなんてありません。確かに裸眼の人より面倒は多いかもしれない。
でも、それだけのことなのです。日常生活に不便がないように正しく視力を補正できれば、目は「悪い」ではなく「個性」になります。そして、目や顔立ちへのフィッティングが最適なメガネと出会えれば、その「個性」はもう「魅力」のひとつです。
100年にわたってお客さまのビジョンケアを第一に考え、そのための技術を磨きあげてきた私たちだからこそできること。
認定眼鏡士があなたのイメージやライフスタイルに寄りそって、あなたの目の「個性」を輝かせるお手伝いをいたします。

100周年のキクチメガネにお任せください。

100周年サイトをSHAREする

PAGETOP