キクチの歴史

100年間のキクチの歴史を
時代ごとにご紹介します。

  • 1920-

    創業期

    初代森文喜が創業し、キクチの基盤をつくる。

    もっと知る

    1920

    • 初代森文喜氏、10月名古屋市東区白壁町に菊池屋眼鏡店創業。

    開業当初の店構え

    改装後の店舗

    開業当時の検眼器
    (ドイツ製)

    • 初めてのキクチオリジナルフレームを販売

    1926

    • アメリカのオプトメトリスト(検眼士)、デスモンド氏来日。
      森文喜氏、森文雄氏がデスモンド氏の講習会に参加。
      ここで欧米諸国のオプトメトリー制度を知り、その制度を日本で実現させることを決意する。

    1943

    • 森文喜氏の後を継ぎ、二代目 森文雄が菊池屋眼鏡店を経営。

    1948

    • 合資会社に改組。
    • 社名を菊池眼鏡院と改称。

    1950

    • 作り物のメガネを東山動物園のゾウにかけて、多くの人に「目の愛護デー」を啓発

    1952

    • 株式会社に改組。

    1953

    • 本店を東片端に新築移転。

    1958

    • 二代目 森文雄を中心にオールニッポンメガネチェーン(現在AJOC)を創立。

    1959

    • 株式会社オールニッポンメガネチェーンセンター設立

    1961

    • AOA(アメリカ検眼士協会)の正会員となる。
    • 社内報「ひとみ」創刊

  • 1962-

    成長期

    キクチの理念である「視力保護(ビジョンケア)」が徐々に具現化した時代。

    もっと知る

  • 1976-

    発展期

    本店のビル化、東海圏以外への勢力的出店。
    メガネを視力矯正だけでなく、ファッションなど総合的にアピール。
    ビジョンケア多角化の時代。

    もっと知る

  • 1990-

    そして、現在へ

    100年間に渡り貫いた原点を忘れず、
    これからもビジョンケアという考えを通じ、
    社会になくてはならない存在をめざす。

    もっと知る

100周年サイトをSHAREする

PAGETOP