メガネの取り扱い方

メガネのかけ方・はずし方

  • かけはずしは両手でやさしく

    メガネをかけるときはフレームのテンプルの元を必ず両手で持って耳にしっかりとかけてください。はずすときも両手で行ないます。片手でのかけはずしは、無理な力が加わり、変形・破損の原因となりますのでおやめください。

  • 縁なしフレームは、特にご注意を!

    縁なしフレームは、レンズの外周がむき出しで、レンズに穴をあけているため、レンズ割れの可能性が高いメガネです。かけはずしは、特に丁寧におこなってください。

メガネのお手入れのしかた

  • レンズの正しい拭き方

    拭く方のレンズを支えて、メガネ専用のレンズ拭きかティッシュペーパーでレンズの中心から外へ軽く拭きます。

    アルカリ系の洗剤は、レンズのコート膜を劣化させ、はがれる原因となりますので使用しないでください。

  • メガネがぬれたとき

    すぐにメガネ拭きで拭いてください。放っておくとレンズにあとが残ったり、フレームの金属部分のサビ、樹脂の変色・変質の原因になります。

  • 砂やホコリが付着したとき

    砂やホコリが付着したときは、キズ防止のため、まず水洗いしてから、すぐに拭いてください。

  • 汗、果汁、整髪料、化粧品、薬剤などが付着したとき

    メガネに汗、レモンなどの果汁、ヘアスプレー、整髪料、化粧品、薬剤(カビとり剤、アルカリ系洗剤、酸性洗剤など)が付着したときは、レンズにあとが残ったり、フレームの変色・変質の原因になりますので、すぐに水洗いをしてよく落とし、拭きとってください。

メガネを使用しないときは…

  • メガネはケースに入れ、安全な場所に

    メガネを使用しないときは、メガネケースに入れて保管してください。破損の原因となるような足元や椅子の上、枕元、お子様の手の届くような場所に置くことはおやめください。

    熱いところには置かないで!

    炎天下の砂浜や車内、サウナやストーブのそばなど温度の高くなるところには置かないでください。変形・変色・破損の原因となります。

  • レンズの面を下にしないで!

    メガネを置くときは、レンズ面を下にしないでください。キズの原因になります。

かけ心地がおかしいなと感じたら、すぐ調整に

  • メガネの異常に気づいたら、修理・調整にお出しください

    メガネがずり落ちたり、耳や鼻にかかる部分に痛みを感じたら、お早めに調整にご来店ください。またネジのゆるみやぬけ落ち、フレームの変形などの異常に気づいたら、すぐ修理にお出しください。レンズのキズや破損の場合は、新しいレンズとの交換が必要です。

  • ご自分での修理は、おやめください

    ご自分で、メガネを分解したり、曲げたり、修理したりしないでください。

メガネの定期点検をお忘れなく

3ヵ月に一度は、メガネの総合チェックを!

  • メガネは正しい取扱いをしていても、使っているうちにネジがゆるんだり、フレームにゆがみやいたみが生じ、快適な視生活に支障を及ぼすことがあります。3ヵ月に一度は、お近くのキクチでメガネの調整・点検をお受けください。